20代 女性 顎関節症

来院動機

美味しいものを食べようとしたとき、顎に違和感があり指が2本分入るぐらいしか開口しなかった。

顎のせいか、何もしてなくても頭痛が起きるようになり、薬を服用して仕事に行く日々が続いて、苦しんでいる状態だった。

そんな時、ホームページを見つけて来院されました。

問診

痛みが出たきっかけ

仕事で疲れて、よくソファーで右を下にして寝ることが多かった。

そのせいで、何もしてなくてもズーンと重い感じが続き、口が開けられなくなった。

 

身体所見と治療、経過

初回施術

姿勢分析したところ

骨盤が大きく歪んでいて、そのせいで背骨が歪み、頭の重さを支えるために首が歪んで前に9度出ている状態だった。

首・背骨に対して施術後、首の角度が落ち着き、背骨も正しい位置に戻り顎が少し開くようになりました。

その後、首周りの原因筋に対して筋肉の施術をしました。

施術後、もっと顎が開くようになりました。

 

 

2回目施術(初回から3日後)

まだ完全に口が開けれるわけではないが、少し口が開けれるようになりました。

この日も、顎関節症に対しての施術と筋肉に対しての治療をしました。

筋肉は、姿勢も悪かったので全身の筋肉と首周りにある原因筋に対しての施術を行いました。

現在の経過

現在は、口の痛みもなく美味しい食べ物が食べれるようになりました。

腰の痛みも10段階中1ぐらいまでにペインスケールが治まっています。

今は、骨盤に対しての治療と筋肉に対しての治療を行っています。

後、自宅での体のケアをしていただくために習慣部分の見直しと、当院で教えている体操を毎日行っていただいてます。

患者様のコメント

ソファーで右を下にして寝てる・良く足を組んでいたことで骨盤が歪み・背骨が歪み・首が歪むことにより顎関節症になるとは思いもしませんでした。

私の場合へ、顎関節症に対して特化した治療と筋肉の治療がとても合っていたのかみるみる施術を受けるたびに体が変わっていきました。

担当者からのコメント

口が徐々に開けれるようになっていただけて良かったです。

人間はすべてつながっていますので、どこの部位も失ってはいけないピースなのです。

逆に言えば、どこか悪くなればそこをかばうことにより違う箇所にも影響が出てきます。

しかし、ちゃんと原因筋に対しての治療と症状に合わせた治療を行うことにより、痛みも減っていき症状が緩和していきます。

自分の体の症状が接骨院で見てもらえるかわからずに、放置してしまっている患者様が多いです。

その間に体の症状がどんどん重くなってしまいますので、体に違和感を感じましたらすぐにご相談ください。

今回はご縁があり、数多くある接骨院の中から当院を選んでいただき誠にありがとうございます。

お体を施術できたこと、スタッフ一同感謝しております。

当院を選んでくださりありがとうございました。

顎関節症について詳しくはこちら

顎関節症